アッキード事件

提供: MonoBook
移動: 案内検索

アッキード事件とは、ロッキード事件と安倍昭恵夫人(通称アッキー)を組み合わせた造語である。

概要[編集]

アッキード事件は森友学園が計画した「安倍晋三記念小学校」をめぐる、安倍内閣総理大臣が特定の団体に利益供与を行ったとされる一連の疑惑を指す名称である。

平成29年3月2日の参議院予算委員会で、自由党共同代表の山本太郎参議院議員が質問の際に用いた。山本太郎が国会で「アッキード事件」を連呼したことに対し、国会で私人を追求するのは不適切であり、公人ならば適切であるとして、安倍昭恵夫人の存在はどちらかなのかが争点となった。

Wikipediaアスキーアート削除事件2013などと同様にWikipediaに書くと消される。

日本会議はこのアッキード事件で風評被害を被っていることに対して「森友学園は神道でも保守でもなくネトウヨ」と異端であると声明を発表した。

稲田朋美防衛大臣は森友学園塚本幼稚園の顧問弁護士をしていた。 塚本幼稚園における藁人形を使った銃剣突撃は戦闘訓練ではなく衝突訓練だと思われる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]