C Sharp/インデクサー

提供: MonoBook
< C Sharpインデクサーから転送)
移動: 案内検索

C#におけるインデクサー(英:indexer)とは、ユーザー定義型をまるで配列のように扱えるようにする機構のことである。

インデクサーはC++における添字参照演算子([]演算子)のオーバーロードと似たようなものであり、さらに取得(get)と設定(set)のそれぞれに別々のメソッドを割り当てれ、かつgetとsetのそれぞれにアクセシビリティレベル(publicやprivateなど。アクセスレベルと略されることが多い)も指定できるようになったものと思ってほぼ間違いない。

記述例[編集]

C#におけるインデクサーの書式はプロパティーの書式に非常に似ている。

// C#によるインデクサーの記述例
class Hoge {
 
    private String[] _data = new String[5];
 
    public String this [int index] {
        // アクセスレベルを指定しないとpublicになる。
        get { 
            return _data[index]; 
        }
        // アクセスレベルはinternal(同一アセンブリまで公開)
        internal set { 
            _data[index] = value; 
        }
    }
}
 
//上記クラスは以下のような感じで配列のように扱えるようになる。
// var hoge = new Hoge();
// hoge[0] = "aaa";
// hoge[1] = "bbb";

参考:C++における添字参照演算子([]演算子)のオーバーロードの例[編集]

C#のインデクサーに似ていると言われるC++における添字参照演算子([]演算子)のオーバーロードの例。 10年ぶりくらいにC++を書いた気がする。 もしかするとこのソースコードは間違っているかもしれない。

#include <iostream>
#include <string>
using namespace std;
 
class Hoge {
private:
    string _data[5];
public:
    string& operator[](int index) {
        return _data[index];
    }
};
 
int main() {
    Hoge hoge;
    hoge[0] = "aaa";
    cout << hoge[0] << endl;
    return 0;
}

関連項目[編集]

参考文献[編集]