エモやんの10倍プロ野球

提供: MonoBook
移動: 案内検索

エモやんの10倍プロ野球とは、野球を題材にしたファミリーコンピュータ向けゲーム。 正式名称は「エモやんの10倍プロ野球 セリーグ編」。 発売元はヘクトヘクト。 発売日は1989年12月19日。

概要[編集]

エモやんこと元プロ野球選手江本孟紀の監修。スポーツの評論家や選手が監修を手がけるゲームの先駆けにあたる。タイトルは江本のベストセラーだった『プロ野球を10倍楽しく見る方法』からきているものと思われるが意味不明。ふざけるな。

それまで野球ゲームの定番だった『野球に似ているアクションゲーム』に対抗して、リアルな投打の駆け引きを売り物にした。中でも打撃は相手の投手が投げるコースを予測し、タイミングを設定して打つというリアルさを追求した物ではあったが、非常に融通の利かないものでもあった(予測が外れた状態でスイングするとほとんどの確率で空振り、運が良くバットに当たっても凡退する)。これは後の野球ゲームでは改良されてごく当たり前の物になっている。しかしながら、ファミコンの性能の限界とアイデアのリアルすぎさ(実際の打撃や投球は配球を読んで行うことになるのだが、糞むずい難易度になりやがった。エモやんとヘクト氏ね。

登場チーム[編集]

ダイコンズ[編集]

1988年シーズンで優勝したチーム。前年優勝チームらしく投手力、打撃力ともにリーグトップクラスの実力を誇る強豪。ただし唯一の弱点がありそれは守備の心許無さである。

カッポレズ[編集]

リーグ有数の投手力を持ち投手王国の名をほしいままにしているチーム。しかし、打線の破壊力が乏しいため2対0など「サッカーのようなスコアで勝つ」と説明書で揶揄される。

ジージャンズ[編集]

リーグ最多優勝を誇る由緒正しいチーム。投手陣野手陣ともに一流の選手をそろえる強豪。しかし、若手の多いチーム事情ゆえか荒削りな部分も間々あるうえ正捕手が決まらないという弱点を持つ。

スマイルズ[編集]

最強の打線を誇るチーム。その打線は1番から5番までホームランバッターでそろっており、プレイ内容次第ではこの5人で500本塁打を打つことも可能と言うほど。しかし、投手陣がいまいちパッとせず序盤から乱打戦になったり、リードが終盤にあっさり覆されるケースが多い。

タイヤーズ[編集]

投手陣、野手陣ともに駒は揃っているのだが、いかんせん小粒すぎるがゆえにいまいち勝ちきれないチーム。小粒ばかりが残る原因は毎年オフに起こるお家騒動が原因ではないかと説明書では指摘されている。

ウェーブス[編集]

ここ20年優勝から遠ざかっている弱小チーム。にいうら、おかもる、えんどるら投手陣がそこそこ好投し機動力を生かして好機を作るものの、ポンタとパーチョ以外一発が期待できない貧弱な打線が好機を生かしきれないのがいつものパターン。

関連項目[編集]