エンタープライズ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

エンタープライズ英語:enterprise)とは、大企業および官公庁のことであり、それそのもの、およびそれらを相手にするビジネスのことである。

英語での意味は「冒険的」などという意味ではあるが、大企業ほど冒険を嫌うので語源は謎である。

概要[編集]

エンタープライズとは、いわゆるハイソサエティに属するブルジョアの世界である。スモールビジネスの経験しかない人間の貧乏くさい考えは一切通用しない世界であり、例えば似たようなシステム向けのハードウェア構成を選ぶだけでも冗長化ひとつとっても視点が違いすぎて話にならないことが多い。エンタープライズの分野で物を購入する際には「自腹」ではなく「予算」であるため「安さ」は重要な要素ではなく、むしろ安かろう悪かろうという不安要素でしかない。また「派手さ」と「ブランド」、すなわち「安心感」が求められる世界である。

これらを理解していないスモールビジネス界の貧乏人は求められている物とは逆の見積書を書いてしまうなどにより、たとえビッグビジネスのチャンスが到来しても、実際にこれらのエンタープライズ界の風習を知らず、思想や思い込み的な理由により自滅することが多いため極めて困難だと言われている。

また逆も然りであり、エンタープライズ界の人間がRAプログラムなどによりスモールビジネス界に進出すると、その違いに愕然とすると言われている。

なお、エンタープライズ界を支えているのは地下帝国で酷使されているIT土方たちであるが、エンタープライズ界の人間とIT土方が直接的に交流することなどない。地下世界は地獄絵図であり、いわゆるデスマーチが日夜繰り返されている。当然、そんなことはエンタープライズ界の人間には知ったことではない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]