エントリポイント

提供: MonoBook
移動: 案内検索

エントリポイント英語:entry point)とは、プログラムを実行する際の開始地点のことである。サブルーチンという用語を用いるプログラミング言語ではメインルーチンと呼ぶこともある。

概要[編集]

スクリプト言語などでは明確なエントリポイントが存在せず、ソースコードの先頭をエントリポイントとするものが多い。また、PythonRubyPerlなどのように同一ソースコードでも呼ばれ方の違いにより、メインルーチンとして動いたり、ライブラリとして動いたりということを容易に切り替えれるプログラミング言語もある。

記述例[編集]

C#[編集]

namespace HelloWorld 
{
    class Hello 
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            // something in my house
        }
    }
}

Java[編集]

public class HelloWorld {
    public static void main (String[] args) {
        // something in my house
    }
}

Python[編集]

if __name__ == "__main__":
    # something in my house

Ruby[編集]

if $0 == __FILE__
    # something in my house
end

Perl[編集]

if ($0 eq __FILE__) {
    # something in my house
}
1; #←は「return 1;」の省略表記。

PHP[編集]

現状わかっている最強の方法[編集]

if (!debug_backtrace()) {
    // これ最強
}

コマンドラインの場合[編集]

<?php
if (isset($argv[0]) && __FILE__ === realpath($argv[0])) {
    // something in my house
}

Apacheモジュールの場合[編集]

<?php
if (basename(__FILE__) == basename($_SERVER['PHP_SELF'])) {
    // something in my house
}

F#[編集]

[<EntryPoint>]
let main args =
    // something in my house
    // 0を返して正常終了
    0

Haskell[編集]

{- Haskell "hello, world" -} 
main = putStrLn "hello, world" -- putStrLn は文字列を出力する

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]