オートマウント

提供: MonoBook
移動: 案内検索

オートマウント(英:auto mount、自動マウント)とは、ハードディスクUSBメモリー光学ディスクなどの各種ディスクマウントOSが自動的に行うことをいう。

WindowsMac OS Xデスクトップ向けLinuxディストリビューションなどでは一般化しているが、サーバー向けLinuxディストリビューションなどでは今なおオートマウントを搭載していないことが多い。

多くのオートマウントを搭載するOSでは、マウントポイント(≒ディスクドライブ)にアクセスがあった際に自動的にマウントを行い、一定時間アクセスがないと自動的にアンマウント(マウントを解除)するという動作をする。ハードディスクフロッピーディスクアクセスランプが光っている間はマウント中と思って間違いなく「アクセスランプが光っている間はディスクを外さないでください」と言われているのはこのためである。

なお、オートマウントが搭載されているOSであっても、WindowsMac OS XのようにUSBメモリーなどを取り外す際には手動によるアンマウントが推奨されており、強引に引っこ抜くとOSに怒られる。Windowsであればタスクトレイ上のアイコンから、Mac OS Xではディスクドライブアイコンゴミ箱ドラッグアンドドロップすることで手動によるアンマウントができる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]