オールフラッシュストレージ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

オールフラッシュストレージ英語:all flash storage)とは、すべてのドライブにSSDを搭載したRAIDケースNASのことである。

概要[編集]

当然ながら速い。 速すぎてサーバーストレージを繋ぐインターフェイス部分がボトルネックになることが多いくらい速い。

こいつの登場でビッグデータの流行で限界といわれたRDBMを力任せでブン回す手法が広まり、流行りかけたNoSQLが下火になったくらい速い。

欠点がないわけでもなく、多くの製品はHDD前提のケースにSSDを積んだだけの製品ばかりなので無駄に1Uを占拠するのが難点であり、最近のパソコン向けSSDでよく見かけるM.2製品のコンパクトさと比較すると巨大な1Uサイズでは99.999%くらいの面積が無駄になっている。 BackblazeStorage Pod[1]では4Uのケースに3.5インチHDDを縦刺しで45個も入れているので、M.2接続のSSDを縦刺しならば1024個くらい入りそうな気がするので、ODMに発注するなり、自作するなりした方がいいかもしれない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]