シーザー暗号

提供: MonoBook
カエサル暗号から転送)
移動: 案内検索

シーザー暗号(読み:シーザーあんごう、英語:caesar cipher)とは、古代ローマの軍事的指導者ユリウス・カエサル(Gaius Julius Caesar,英語読み:ジュリアス・シーザー)が編み出したとされる単一換字式暗号の一種で、平文の各文字を辞書順に3文字ずらして作る暗号文を作り出す暗号のある。

英語発音のシーザーではなく、元来のラテン語の発音でカエサル暗号と呼ばれることもある。

シフト数について[編集]

シーザーが実際に使ったとされる元祖シーザー暗号は文字のシフト数は3であるが、シフト数は3に限る必要はなく、シフト数を3以外にした変換方式もシーザー暗号(カエサル暗号)と呼ぶことがある。

なお、アルファベット26文字のど真ん中(シフト数13)でシフトするシーザー暗号が1980年代にUsenet(今でいう某巨大掲示板)で大流行し、これについてはROT13Rotate by 13)という別名で呼ばれることが多い。

主なプログラミング言語での記述例[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]