プログラマー

提供: MonoBook
キモオタから転送)
移動: 案内検索

プログラマー英語:Programmer)とは、プログラミング言語を駆使して、プログラミングを行い、プログラムを作り上げる人のことである。

長音を省略してプログラマと記載されることもあるが、内閣告示より「長音は省略しないもの」と指定されたためこれは正しくはない。

概要[編集]

プログラマーの多くは精神疾患に陥っている人、もしくは自分を神だと思っている変人が多く、共通してもれなくキモヲタであり、とくにBSD界隈では明言している人が多い。また、理屈っぽく、「広義」や「狭義」と言った単語を好む傾向が強い。

なぜかジャンクフードを好む傾向が強い。

なお、すべてのプログラマーを変人や犯罪者、精神疾患に関連付ける人がいるが決してそうではない。むしろ正常な思考能力が無ければプログラムを書くのは難しい。現在のあらゆる家電製品はプログラムにそって動いており、それが無ければ動作が複雑になるにつれて家電は肥大化していくといわれている。

だが、プロジェクトの開始時には正常であった職業プログラマーも、無能なシステムエンジニアによって引き起こされたデスマーチによって精神崩壊に追い込まれることが非常に多いのも事実である。そのような正常な思考能力が保たれないまま開発が強行された異常症例としては、いわゆるガラパゴスケータイ情報家電に代表される無駄な肥大化が有名である。このようなデスマーチを経験したことがない職業プログラマーは天文学的に稀な存在であり、その影響により、やはり何かしらの精神疾患に陥っているといって過言ではない状況であるといえる。

主なプログラマーの種類[編集]

主な大分類[編集]

プログラミング言語ごとの分類[編集]

プログラマーを主力とする特定のプログラミング言語ごとに分類する場合もある。

主なプログラミング言語ごとの呼び名

なお、プログラマーをプログラミング言語ごとに分類する場合、年収などの情報は企業間の繋がりによるところが大きく基本的にあてにならない。特定企業間の繋がりをドメイン(いわゆる「業界」のこと、インターネットでいうドメインネームではない)と呼び、求人就職転職)を見る際には、一企業ではなくその関連ドメイン全体の情報を集めることが最も重要だと言われている。

その他[編集]

プログラマーの英語力[編集]

一部では「プログラマーは英語が必須」などと言われることもあるが、英語が必須なプログラミング言語は、もれなく日本語マニュアルを整えたプログラミング言語に駆逐され、少なくとも日本においては繁栄することなく消滅しており、プログラミングの指導者を目指す目的でもなければとくには必要ではない。

逆を言えば「英語のマニュアルを読め」という回答が返ってくるようなコミュニティが形成されているプログラミング言語は衰退する傾向が非常に強い。よって趣味で手出しする場合を除き、本気で手出しするのは時間の無駄である。

プログラマーの年収[編集]

プログラマーの年収は基本的には業種ごとに大きく異なる。 年収のみならず雇用条件全般も業種ごとに大きく異なる。

プログラマーの年収の詳細は「職業プログラマー」のページを参照。

著名なプログラマー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]