クラウド化

提供: MonoBook
移動: 案内検索

クラウド化とは、あらゆるものを曖昧な表現にし、利用者に考えさせないことをいう。

概要[編集]

クラウド化はあらゆる物やサービスを馬鹿でも使えるようにして提供し、お金をいただくビジネスモデルである。 良く言えば「手を煩わせない」、悪く言えば「馬鹿向け」である。

本業以外の分野であれば利用する価値はあり、たとえば古くから行われている税理士などへのアウトソーシングも一種のクラウド化と言える。 本業ではない税金の計算をしている時間(=人件費などのコスト)があるならば、そんな無駄なことをしてないで外回りの営業など本業で利益を最高にする努力をした方がよい。 ただ本業で極端にクラウド化に頼りすぎると思考停止や技術力低下に陥る危険性が高い諸刃の剣である。

コンピューターも同様であり、たとえばファイルサーバーを構築するとして、人件費を掛けてパソコンLinuxSambaなどを入れるのが良いのか、QNAPReadyNASを買ってくるのが良いかというお話である。このたとえが業務用かつ大規模になるとプライベートクラウドというお話になる。

また、電子メールが使いたいだけなのに、自前でメールサーバーを立てるのか、レンタルサーバーを借りたりGmailなどを使うのかという問題も同様であり、外部に委託するものはクラウドコンピューティングなどと呼ばれる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]