システム管理者

提供: MonoBook
移動: 案内検索

システム管理者(読み:しすてむかんりしゃ)とは、企業などにおいて、サーバーパソコンをはじめ、ネットワーク設備などの保守・管理をしている用務員の一種である。

概要[編集]

その多くはパソコンの大先生ビジネスモデル化しマネタイズに成功したものである。 そのため社内のパソコンの大先生の中から抽選で人事選考されることが多い。

システム管理者は基本的にプログラミングなどの技能は持ち合わせていないことが多いが、稀にエクセルマクロを組めるという高度な技能を持ち合わせている者もいる。またFileMakerなどで社内システムを作っている者も結構いる。

中小企業では人件費の都合から専属のシステム管理者を設置していないことも多い。

一部の大企業ではトラブルの発生時に各業者にクレーム電話をして愚痴をいうだけの係を指すこともある。 そのような企業ではシステムの新規導入の権限などを持っていたりすることも多いので、営業が血眼になってシステム管理者に接待すると言われている。

社外のサービスの人間にとっては、システム管理者の技能レベルにより呼び出し件数が大きく変動するため、いかにシステム管理者に課題を処理させるかの研究が日夜行われている。

主な業務内容[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]