シリアル通信

提供: MonoBook
移動: 案内検索

シリアル通信(読み:しりあるつうしん、英語:serial communication)とは、データ通信において一度に1ビットずつ、逐次的にデータを送受信する方式の総称である。

概要[編集]

シリアル通信とはモールス符号モールス信号)と、その発展系である。発展しすぎて人間の目や耳では処理が追いつかなくなり人々はコンピュータを使うようになった。

かつてシリアル通信の速度的な進化が停滞した時期に、高速化の手法としてデータを並列に送受信するパラレル通信が登場したが、パラレル通信は複雑化の一途をたどり、結局はシンプルなシリアル通信に回帰するに至っている。なお、2013年現在のCPUクロック周波数の限界によりマルチコア化が進んでいるが、これもいずれはシングルコアに回帰することであろう。"Simple" is "best"である。

シリアル通信アーキテクチャの例[編集]

その他

関連項目[編集]

参考文献[編集]