シンクライアント

提供: MonoBook
移動: 案内検索

シンクライアント英語:thin client)とは、利用者の使うパソコンタブレットなどの端末スペックを必要最小限にして、実際の処理のほとんどサーバー側に集中させたシステムの総称である。

概要[編集]

遥か昔、シンクライアントという利用形態はコンピューターが壁一面の巨大な建造物だった時代には当たり前の風景だった。シンクライアントとは何か、それはPDP-10System/360などのメインフレームと、そこで使われていたテレタイプ端末リネームしたものである。いわゆるリネーム商法である。

主な形態[編集]

単一サーバー[編集]

1台の巨大なサーバーにマルチユーザーで使えるOSをぶち込んで皆で共有する方式である。

ブレードサーバー[編集]

あらかじめクライアント数に相当する小型のPC(一般的にブレードサーバー)を用意しておく方式である。Windowsのようにシングルユーザー向けとマルチユーザー向けの両方が存在するOSでは、その上で動くアプリケーションが圧倒的大多数を占めるシングルユーザー向けに最適化されており、マルチユーザー環境下では何かと制限があったりと不便であったために考えられた方式である。

VDI方式[編集]

VDI方式は単一サーバー方式にVMwareHyper-Vあたりをぶち込んで、その上で動く仮想マシンブレードサーバー方式もどきを実現する方法である。 ハードウェアを増強したりしやすいという特徴がある。 VMwareなどにコストがかかるが、ベンダーロックインとなる部分が比較的少ないため中長期的にはコストを抑えることができる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]