スクリーンセーバー

提供: MonoBook
移動: 案内検索

スクリーンセーバー英語:screen saver)とは、画面の焼き付きを防止する目的で動作させるプログラムのことである。

概要[編集]

スクリーンセーバーはかつてコンピューターディスプレイCRTだった時代に流行ったものである。 CRTでは同一のピクセルに同一色を連続して表示し続けることで画面の焼き付きが発生するが、それを防止する目的で一定時間の無操作の場合に動く絵を表示するというものである。

液晶の普及と省エネへの意識の高まりにより、現在では一定時間の無操作でディスプレイの自動電源オフというのが一般化した。 このため近年では電器屋のパソコン売り場でデジタルサイネージ的に動作しているものくらいしか見かけなくなった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]