スーパーマリオクラブ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

スーパーマリオクラブとは、かつて存在した任天堂のカセット製造の委託システムである。

概要[編集]

スーパーマリオクラブはファミコンのカセットを発売するにあたり、その内容を評価する機構であり、偉いひとが「クソゲー」と評価すれば発売中止である。 開発費はパー。

また、発売許可がおりても、メーカーの意向は無視され、その評価により製造本数が決定された。

現在は表向き任天堂子会社のデバッグ部門となっており別の存在となっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]