セキュリティ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

セキュリティ英語:security)とは、日本語で防犯という意味である。コンピューターにおいてはウイルスクラッカーなどから防護することを指す。

概要[編集]

一般的にセキュリティという場合はコンピューターの安全性やデータの機密性を保つことをいう。

主な対策[編集]

第三者の操作を防ぐ[編集]

コンピューターにはパスワードを設定する。 これはパソコンもそうであるが、それ以上にスマートフォンなどでも重要となる。 ここ最近のセキュリティ事案は「酔っ払ってスマートフォンを紛失した」が圧倒的に多い。

また、席を離れるときはスクリーンセーバーを起動し、解除にはパスワードを要求するよう設定する。 スクリーンセーバーを起動しわすれても安全なように、スクリーンセーバーの発動時間は1〜3分が望ましい。

ルーターの設置[編集]

一般的にルーターは外部から内部への接続を制限することでセキュリティを保つ機能を持つ。いわゆるモデムをパソコンに直結するのは望ましくない。モデムというと古臭いイメージがあるが、現在でも3G回線LTE回線を搭載したUSBモデムUSBメモリみたいな形状のやつ)が流通しているので使用に際しては注意する必要がある。可能であればUSBモデムではなくモバイルルーターを用いるのが望ましい。

しかしながらルーターも特殊なハードウェアに特殊なOSを積んだコンピューターの一種であり、特定のメーカーの特定のファームウェアを攻撃する手法も実在している。そのようなケースを防ぎ、セキュリティを確保するためには、メーカーの異なる3機種以上のルーターを直列に設置するのが望ましい。これをトリプルルーターという。これは主に企業がデータセンターで用いる方法であり、個人でそこまでやる必要はないと思われる。

その他[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]