タックスヘイブン

提供: MonoBook
移動: 案内検索

タックス・ヘイブン英語: tax haven)とは、一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される上級国民には天国のような国や地域のことである。低課税地域(ていかぜいちいき)、租税回避地(そぜいかいひち)とも呼ばれる。

概要[編集]

タックスヘイブンは法人税や所得税などの税金が、ゼロか極めて低い国や地域のことである。 タックスヘイブンは世界各地にあり、カリブ海や欧州に多く、英領のケイマン諸島やマン島、ガーンジー島の法人税はいずれもゼロとして有名である。

これらのタックスヘイブンでは低税率と金融情報の秘匿を売りに、外国資本に子会社やファンドを設立してもらい、そこから登録料収入などを得ることで税収を補い成り立っている。

主な利用[編集]

タックスヘイブンは主に脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)、経済制裁国への送金などに使われている。

脱税[編集]

タックスヘイブンを利用した節税は、脱法ドラッグみたいなものであり、ほぼ脱税である。

主に、法人がタックスヘイブンに子会社を作り、そこに所得を集中させることで日本からの課税を避ける。 日本では海外子会社の所得を日本の親会社の所得とみなして申告・納税する制度が行なわれているが、適用除外の規定があり、製造業なら、事務所や工場などの施設を持ち、事業を管理・運営するなど実態があれば適用されない。外国での課税分は控除される。税率25%以下の国が対象だったが、2010年度の税制改正で20%以下になった。

マネーロンダリング[編集]

タックスヘイブンに送金した時点でお金が闇に消える。 これらの資金は領収書のいらない闇金として、FIFA汚職事件などの賄賂に使われていたことがパナマ文書から発覚している。

経済制裁国への送金[編集]

タックスヘイブンは経済制裁国への送金にも使える。

たとえば日本はイランと非常に仲がよかったが、アメリカからの強い圧力で経済制裁することとなった。このような状況下で企業間のお付き合いを継続するために前述のタックスヘイブンによるマネーロンダリングの手法を応用して輸出入を行うという方法が編み出された。まるでパチンコの三店方式である。

またパチンコ業界から北朝鮮への送金と思われるものもパナマ文書から発見されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]