ターゲットディスプレイモード

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ターゲットディスプレイモード英語:Target Display Mode、略称:TDM)とは、Macの機能のひとつで、iMacをただの液晶ディスプレイにしてしまう機能である。

概要[編集]

なんと同じ27インチでもiMacThunderboltディスプレイを並べると高さが違うのである。しかもThuderboltディスプレイは足が固定であり高さ調整ができない。これではマルチディスプレイが捗らない。

そこでiMacを2台購入し、片方をただの液晶ディスプレイとして利用するのである。コスパは最悪であり、貧乏人には厳しいものがあるが、真性のマカーはお金持ちが多いので問題になることは少ない。

使い方[編集]

TDM を有効にする[編集]

  1. 両方のiMacに電源が入っており、スリープモードになっていないことを確認します。
  2. オス - オスの Mini DisplayPort ケーブルまたは Thunderbolt ケーブルを各コンピュータに接続します。
  3. ディスプレイとして使っている iMac のキーボードで「command」キーを押しながら「F2」キーを押して、TDM を有効にします。

注意:システム環境設定の「キーボード」パネルで、「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」チェックボックスが有効になっている場合、キーコンビネーションは「command + Fn + F2」になります。

TDM を終了する[編集]

TDM を終了するには、TDM になっている iMac のキーボードで「command」キーを押しながら「F2」キーを押します。どちらか一方のコンピュータをシステム終了するか、スリープモードにした場合、またはケーブルを取り外した場合も、TDM が終了します。

他社製のキーボードまたは古い Apple Keyboard を使って TDM を有効にできますか?

一部の古い Apple Keyboard や他社製キーボードでは、「command」キーを押しながら「F2」キーを押すことでディスプレイモードを切り替えることができない場合があります。この場合、TDM の切り替えには、アルミニウム製の Apple Keyboard (USB 接続またはワイヤレス) を利用してください。

Boot Camp で TDM を使うことはできますか?

Boot Camp ではターゲットディスプレイモードはサポートされていません。

関連項目[編集]

参考文献[編集]