ティラノサウルス

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ティラノサウルス英語:tyrannosaurus)とは、絶滅に瀕してニワトリに進化したチキン野郎である。

概要[編集]

考古学生物学の世界では古くからティラノサウルスの化石ニワトリ骨格が似ているよねと密かに言われてた。だが、かつては「恐竜は絶滅したんだ」という主張が強かったこともあり、この親子関係を肯定する学者はキチガイとして扱われた。進化論でさえ否定的する聖書にも反する。それこそ昔は雑誌「ムー」に載ってるレベルの珍説扱いだった。

発見[編集]

ノースカロライナ州立大学の古生物学者たちはティラノサウルスの化石の脚部から採取されたタンパク質の小片から膠原質コラーゲン)を発見した。今までの通説だとコラーゲンは数百万年もの時間が経ってしまうと分解してしまうと考えられていたが、ほとんど検出されたことのない恐竜軟組織であることを突き止めた。また、そのコラーゲンからティラノサウルスのアミノ酸配列を確定することに成功したのだという。

そして人類は大いなる発見をした。このティラノサウルスのアミノ酸配列ニワトリアミノ酸配列がほぼ一致することを発見したのだ。つまり絶滅に瀕したティラノサウルスが生き残りをかけ進化した姿がニワトリだったのである。

この大きなる事実はコンピューターも同様であると教えてくれる。壁一面を埋め尽くす大型機に始まり、冷蔵庫くらいのミニコンになり、ちょっと大きめのデスクトップPCとも言えるワークステーション、そしてパソコンも主流はデスクトップPCからノートPCを経て、今やスマートフォンタブレットPCへと進化した。進化とは小型化省力化であると言え、また進化には失うものも大きいという事実を教えてくれる。まもなくパソコンプログラマーだけが使う機材になり、一般庶民はスマホだけを使うようになり、キャリアクラウドなどを提供する企業に搾取され続けることになるのかもしれない。

つまりポケモンパズドラなどのゲームで見受けられる巨大化する進化は大いなる誤りである。また、これは156こそ人間進化した姿であり、人類の高身長化や肥満は怠けた結果の退化であり、滅びに向かっている種族であるという重大な発見でもある。

関連項目[編集]

その他

参考文献[編集]