デュアルブート

提供: MonoBook
移動: 案内検索

デュアルブートとは、1台のパソコンで複数のOS物理的に起動できるようにした状態のことである。

WindowsLinuxの組み合わせがよく使われる。(要出典)

作り方の例[編集]

Windowsが入っているパソコンにLinuxを入れる場合[編集]

  1. 事前にHDDドライブに空き容量を作り、デフラグで後方に空きスペースを作る
  2. QTPartedGPartedなどのパーティション設定ツールでHDDに空きスペースを作る
  3. Linuxのインストールディスクを起動し、インストールする。この時以下の点に注意が必要である(表現は使用するLinuxによって異なる場合があるかもしれない)
    • 既存のデータを消さないように、「すべてのパーティションを保持し、既存の空き領域を使用」でインストールする
    • grub(ブートローダ)をMBRではなくブートパーティションの最初のセクタにインストールする
  4. Windows上で、Linuxを起動できるようにする設定をする
    • XP以前のOSでは(Windowsのシステムが入ったドライブ)\boot.iniを編集する
    • Vista以降のOSではBCDedit.exeを使用する[1]

Windowsが入っているパソコンにWindowsを入れる場合[編集]

未稿

Linuxが入っているパソコンにWindowsを入れる場合[編集]

未稿

Linuxが入っているパソコンにLinuxを入れる場合[編集]

未稿

失敗例[編集]

  • OSインストール時の設定を間違え、前に入っていたOSやデータを消してしまう
  • HDDドライブがCドライブとDドライブしか見えないのに、実はパーティションが4個あり、新たにパーティションが作れない

関連項目[編集]

参考文献[編集]