ドメイン駆動設計

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ドメイン駆動設計英語Domain Driven Design、略称:DDD)とは、プログラマーのオナニーのような小手先の技術よりも、顧客の求める確実に動く物が大切だろという教えと、それを実現するための継続的な設計の維持管理の手法を記したシステムエンジニアおよびプログラマーの聖書である。

著者はエリック・エヴァンスである。 日本語訳の書籍は「エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計」である。

概要[編集]

まず超大雑把に結論から言うと、専門外のプログラマーに業務内容を教えるより、専門家の顧客にプログラミングを教えた方が間違いなく早いよね、というものである。

ただそれでは商売あがったりだよね、ということで顧客の気持ちを理解する方法、顧客から確実に要件を聞き出す方法、プログラマーの要件を無視した技術オナニーを抑制する方法、などがドメイン駆動設計という名の下に網羅されている。

また、システムは継続して開発し、成長させることが重要であり、使い捨てのようなソースコードを出してくる開発会社に発注するのは危険であるという顧客が開発会社を見極める手法についても記載されており、万人が読むべき内容となっている。

さぁ、ドメイン駆動設計を始めよう。

認知度[編集]

ドメイン駆動設計は、人月の神話などと並び海外では古くから大絶賛されていたが、日本語で書かれた書籍が2011年まで発刊されていなかったため、英語などほぼ読めない日本人でその存在を知る者は皆無であった。日本語訳が出た2011年を境に日本でも急激に広まりつつある。

本書の協力者にはUMLアジャイルソフトウェア開発の提唱者として有名なマーティン・ファウラーも名を連ねており、原書の出版前に「期待しておけ」という旨の発言をし、追い打ちを掛けるようにエクストリーム・プログラミングの提唱者であるケント・ベックも推薦したことでお祭り状態となっていた。

実際に発売された書籍はギャング・オブ・フォーと呼ばれる書籍「オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン」の著者たちも何度も何度も読み返していると大絶賛するほど期待通りであったという。

その後、世界最大のプログラミング情報サイトであるStackOverflow.comの運営者たちがドメイン駆動設計に洗脳され、ServiceStackというWebアプリ開発の際にドメイン駆動設計を実現するためのフレームワークの開発を開始し、大々的に布教活動(ただし英語で)が行われたことで同サイトの利用者たちも次々と洗脳されている。

関連ツール[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]