ネカマ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ネカマとは、インターネット上において、その匿名性を利用して異性を装う行為のことである。

概要[編集]

ネカマは姿が見えず素性がわからないネットワーク社会の匿名性を利用してオカマを演じる「ネットおかま」が略語化されて出来た言葉で、インターネット以前のパソコン通信時代から用いられている。

ネカマはいわゆるオカマとは違い「釣り」目的であることが多い。出会い系サイトでハゲたオッサンが女性を装い小銭を稼ぐなどといった行為が後を絶たない。また近年ではネカマを利用した「人間ラジコン」などのいわゆる自爆テロに通じる極めて危険な釣りも行われてる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]