ノロウイルス感染症

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ノロウイルス感染症とは、とくに死ぬほどではないが、死にたくなるウイルス感染症のことである。

概要[編集]

ノロウイルス感染症はノロウイルス感染することで発症する。世界保健機関の定める疾病コード(ICD-10)としては胃腸炎に分類される。

ノロウイルス感染しても健常者であればほぼ死ぬことはないが、非常に高齢で体力が極端に衰えている状態では死ぬこともある。

ノロウイルスは感染力が強く、不特定多数の人が触るキーボードマウスは要注意である。とくにキーボードはそのデコボコした構造の関係で、iPadなどの板と比べ洗浄が難しく、除菌洗浄したつもりでもウイルスなどが残留しやすい。院内感染には注意する必要がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]