ノーフリーランチ定理

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ノーフリーランチ定理英語:no free lunch theorem、略称:NFLT)とは、タダで飯が食えると思うなよという真理である。

概要[編集]

昼食が無料で食べられます。ただしお酒を1つ注文してください。

これはお酒の価格に昼食代が上乗せされているだけだろという格言である。 この格言をもとに万能などありえず、万能を目指せば平均になるというのがノーフリーランチ定理である。

どの方向から攻めても結果が同じなら意味ないだろという組合せ最適化の領域の定理であり、すべての評価関数に適用できる万能なアルゴリズムは存在しないということである。 汎用機は特化機に勝てない。たとえば2chでのスレ立てを例にすると、どこの板でも伸びるようなスレの建て方は存在せず、ジャップ叩きスレをニュース速報+に建てても意味ないし、また「○○した結果www」を嫌儲に建っても寒い。

この定理は理学者の David H. Wolpert と William G. Macready が生み出した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]