ハンドアセンブル

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ハンドアセンブル(hand assemble)とは、紙と鉛筆で書いたアセンブリ言語ソースコードを、コンピューターが理解できる唯一の言葉であるマシン語に、ニーモニックを見ながら手作業で翻訳する作業のことである。

ハンドアセンブルは、プログラムパンチカードで供給していたアセンブラすら貴重だった時代には一般的に行われていた。 新人プログラマーはまずハンドアセンブル。

なお、ハンドアセンブルを続け進化した変人達人はニーモニックを見る必要がなくなり、さらにその先へ行ってしまうと紙と鉛筆すら使わず、いきなりマシン語プログラムを作り出す人間アセンブラへと昇華する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]