バイオガス発電

提供: MonoBook
移動: 案内検索

バイオガス発電英語:biogas plant, biogas generator, biogas digester)とは、主にウンコなどの発酵時に発するメタンガスを利用した発電設備のことである。

概要[編集]

基本はウンコから抽出したガスを利用する火力発電のようなものである。 ガスであるため貯蔵も容易である。 ウンコは人獣共通して安定して出るものなので太陽光発電風力発電のように天候に左右されることもない。 木材を加工する際にでるオガクズなどを利用したものも増えつつあるらしい。

北海道で始まった大規模バイオガス発電では原子力発電の運用コストなどを含まない詐欺的なコストパフォーマンスの謳い文句をも越える数値を叩き出して話題となった。 [1] [2]

家庭や小規模店舗向けの小型ウンコ発電機が東北大学の有志により開発され、まもなく製品化するのではないかと言われている[3]。 南アフリカでは発電目的ではなく、コンロなどで直接的に火力として利用するものが既に普及している[4]

ウンコ製造機でしかなかったニートがついに活躍できるなどとも言われる。ただ映画マトリックスのような家畜以下の存在になり下がるのではと危惧する声もある。 [5]

ウンコの力」にはまだまだ可能性がありそうだ。

発電コスト[編集]

バイオガス発電は2013年時点の小型のものでも驚異的なワッパ(発電効率)を実現している。

1万kwあたり
  • 太陽光 = 190.48億円(京都の禿メガソーラー)
  • 糞発電 = 6.45億円(日本の小型器[6]
  • 原発 = 5.95億円(建設費用のみ、運用費用や廃炉費用は一切含まず)

もんじゅなどと異なり、技術の進歩も非常に早く、大型かつ新型でさらなる性能アップが期待されている。 [7]

人糞[編集]

実は日本各地の下水処理場に次々と導入されている。 下水処理場の運用に必要な電力以上に電気がとれるという。 [8]

海外ではウンコを固体化したものをアップルが自社施設の運用に採用して話題となった。 [9] [10]

都市部であるほど人糞の量は多いので効率が良い。

牛糞[編集]

北海道では酪農家が処分に困っていた牛糞を回収し、それを燃料としたバイオガス発電も行われており、世界各国から注目を集めている。

  • 酪農家は牛糞の処分に困っていた
  • 牛糞から抽出したバイオガス天然ガスなどと同様に貯蔵できる(蓄電できる)
  • ガスのみならず発酵熱の利用も実験的に行われている
  • 発酵の終わった牛糞は堆肥として売却できる

回収、発電、堆肥と3度もおいしい驚異的なビジネスモデルである。

酪農が盛んな北海道ならではの設備である。 日本の他の地域への展開は難しいが、海外への輸出には期待されている。

作り方[編集]

小型かつ簡易的なものであれば簡単に手作りすることができる。


基本的な構造は、実はガーデニング用の生ゴミから堆肥を作る生ゴミ発酵器とほぼ同じ構造であり、その発酵の過程で捨てていた発酵ガスや発酵熱までも回収して有効活用しようというものである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]