パチモノ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

パチモノとは、非正規品・模造品を意味するテキ屋用語である。 パチモンなどとも呼ばれる。

概要[編集]

ブランド品を模造したコピー商品のことである。主にバッグや財布、時計などの高級ブランド品の偽物を指して使われる。その他にもお菓子のオマケやゲームなどのソフトウェア互換機などを指しても使われる。ニセモノのくせに無駄に完成度の高いものはスーパーコピーなどと呼ばれる。

語源[編集]

パチモノの語源には様々な説があり明確にはなっていない。

ぱちる説[編集]

関西弁で「盗む」は「パチる」であり、そこへ「物」を付けて模造品を指すようになったという説である。

うそっぱち説[編集]

「うそっぱち」の「物」という説もある。

偽物のことで、的屋言葉として使われたものが一般にも普及。主にバッグや財布、時計などの高級ブランド品の偽物を指して使われる他、オマケ付き菓子、ゲームソフトなど様々な偽物商品を対象とする。正規品に対して安価だが粗悪というものが大半である。 「パチモン」と崩した言い回しのほうが広く浸透している。

主なパチモノ[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]