ビットコイン

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ビットコイン英語:Bitcoin)とは、パソコンスマートフォンなどの情報端末上で使うことのできる、仮想通貨の一つである。

概要[編集]

他の一般的な電子マネーはサービス提供者が全てのコインを管理しているが、ビットコインはそれらと異なり利用者が全てのコインの共同管理を行う。

管理とはいっても個人間通信(P2P)技術を利用したソフトウェアを動かし続けるだけでいいので簡単である。利用者が管理に参加する義務は存在していない。しかし、良い管理者の能力よりも、悪い管理者の能力が勝ると、コインが乗っ取られてしまう(51%攻撃)ので、注意が必要だ。ここでの能力とは、PCなどの処理能力を意味する。

ビットコインが画期的なのは、複製が自由にできるはずの情報において、複製が不可能な情報を作り出すことに成功したという所にある。しかし、そのコインは、あくまで一意性を保証する情報に過ぎないため、注意が必要だ。チューリップの球根かもしれない。はたまた、パチンコ特殊景品かもしれない。

追跡性[編集]

口座アドレスは取引を行うと、別の口座アドレスを発行する。しかし、共同管理を行う必要から、取引記録がブロードキャストされるため、匿名性は低い。例えば、https://blockchain.info/ に口座アドレスを入力することで、追跡できる。また、現金と交換できる取引所では、個人情報の登録が必要となる場合が多いため、ビットコインのやり取りは、取引所から見て丸見えになりやすいと思われる。

そのため、匿名性を高めるためには、多数の小額口座アドレスを作り、Torなどの秘匿プロキシを経由することで身元(IPアドレス)を隠し、三角取引や四角取引などの酷く迂回した方法で入出金する必要があるはずである。しかし、それは現実的ではないと思われる。いや、別のビットコイン類似コインを経由すると、追えない場合もありそうだ。

損失・盗難[編集]

自分のPCに保管されている、口座アドレスに対応する「秘密鍵」を失うと、その口座アドレスにあるコインも失ってしまう。同様に、秘密鍵が盗まれると、そこにあるコインも盗まれてしまう。

また、取引所や怪しげなビットコイン銀行と称するサービスに預けたコインは、向こう側に秘密鍵があるため、当然盗まれる可能性がある。ビットコインのサービスには、銀行のような預金保険もなければ、証券会社のような分別管理もないため、預けるには十分注意する必要がある。

主なビットコイン口座やビットコイン取引[編集]

その他[編集]

単位:bitcoin(小文字)

関連用語[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]