ピュアマネージドコード

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ピュアマネージドコード英語:pure managed code)とは、.NET FrameworkおよびMono共通言語基盤CLI)で用いるマネージドコードのうち、アンマネージドコードを一切含まないプログラムのことである。

概要[編集]

すべてC#だけで書かれている。 Xamarinなどでの移植性も高い。 Javaの世界では似たようなものをピュアJavaという。

その都度環境に合わせてJITコンパイルされることで実行環境が進化した際に最高速度が出せる可能性を秘めいてる。この逆転現象はJavaにおける半ネイティブコードだったEclipseピュアJavaであったNetBeansに先を越されたことで有名になった。

ピュアマネージドの究極系はPortable Class Libraryである。

なお、WebMatrixのように特定の共通言語ランタイムの実装と、その上で動く付属のシステム組み込みに近い特定フレームワークアンマネージコードを含んでいても、それを利用する一般人のプログラマーマネージドコードしか動かせないという環境であればピュアマネージドに分類と言われている。マジかよ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]