ファウンドリ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ファウンドリ英語:foundry、通称:fab)とは、半導体工場のことである。 本来は鋳物工場を指す言葉だが、コンピュータの世界では半導体工場を指すことが多い。 なかでも外注専門の半導体工場を指していることが多い。

概要[編集]

ファウンドリの建設には、日本円で数千億円規模の莫大な設備投資が必要である。 半導体に参入するには必ずそれだけの資金が必要では新規参入もなく厳しい。 既存の大企業にとっても工場を維持するだけでも大変である。

そこで半導体の設計は行うが生産ラインを持たない「ファブレス」と呼ばれる企業と、生産ラインを持ち製造専門の「ファウンドリ」と呼ばれる企業による分業が登場した。 ファブレスではパソコン上で半導体の回路設計だけを行うので小規模でも参入できる。 また、ファウンドリも他社製品を受け入れることで、特定製品の売れ行きに関係なく、絶え間なく生産を続けることができ経営も安定する。

自社で半導体の設計から生産までを一貫して行える設備を有している企業を垂直統合型デバイスメーカー (IDM: Integrated Device Manufacturer) と呼んでいる。 ある特定製品が空前の大ヒットした時にはIDMの方が儲かるが、大ヒットしないと苦しいという両刃の剣である。

主なファウンドリ企業[編集]

2015年度シェア順。実に半数以上をTSMCが占めている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]