プログラミング素人童貞

提供: MonoBook
移動: 案内検索

プログラミング素人童貞とは、プログラミングの入門書などを読んで一通り理解したが、とくに何かを作れるわけでもないやつのことである。

ことの始まりはベッドなどでボーとしてる時など、「自分がプログラミングできたら…」や「プログラミングマスターしてソフト作りたい」など、古典的なタイプの突発的な考えから生まれる。 だが実際は何もできないただのプログラミング素人童貞と呼ばれるようになったとされる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]