プロパティ

提供: MonoBook
移動: 案内検索

プロパティ英語:Property)とは、オブジェクト指向プログラミング言語において、クラスの製作者からはメンバメソッドに見え、クラスの利用者からはメンバ変数に見える機能のことである。

なお、Objective-Cでは他の言語でいうインターフェイスの亜種であり、完全に別ものである点に注意する必要がある。

概要[編集]

プロパティを持たないオブジェクト指向プログラミング言語では、メンバ変数へ安全にアクセスさせるためにはゲッターセッターなどと呼ばれるアクセサメソッドを利用する必要があった。クラス製作者からすると安全性のためにも入出力チェックを実装できるアクセサメソッドの利用を強制させたいが、クラス利用者からするとアクセサメソッドは見た目が数式っぽくなくソースコードの見通しが非常に悪くなるという問題点を抱えていた。

その問題点をスパッと解決してくれるのがプロパティである。 無くて困るものではないが、あると嬉しい機能である。

なお、プロパティはコンパイル時にアクセサメソッドに自動展開されるマクロのようなものであり、実行時はメソッド呼び出しとなるため、メンバ変数への直接アクセスよりもパフォーマンスは悪くなる。

プロパティをサポートする主なプログラミング言語[編集]

各プログラミング言語のプロパティ構文は個別のページに記載する。

記述例[編集]

C#での一般的なプロパティの記述例を示す。 なお、C#にはプロパティの発展系として「インデクサー」という機構もある。

class Hage 
{
    private String _name;
 
    public String Name {
        get { return _name; }
        set { _name = value; }
    }
}
 
// こんな感じで使う。
var hage = new Hage();
hage.Name = "hoge";

ActionScript 3.0での一般的なプロパティの記述例を示す。 見てのとおり、プロパティをサポートしないプログラミング言語におけるアクセサの書き方とほぼ同じ。 それなのにプロパティとして快適に扱える。 as3マジオススメ。

class Hage 
{
    private var _name:String;
 
    public function get name():String { 
        return _name; 
    }
 
    public function set name(value:String):void {
        _name = value;
    }
}
 
// こんな感じで使う
var hage = new Hage();
hage.name = "hage";

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. http://knockoutjs.com/documentation/observables.html Reading and writing observablesの項