ボクセル

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ボクセル英語:voxel)とは、コンピューターグラフィックスにおける3Dモデルの表現手法のひとつで、3次元集合でひとつの物体を表現するというものである。 2次元の集まりである「ピクセル」と区別するために作られた言葉である。

概要[編集]

ボクセルとはXY軸の点であるピクセルにZ軸を加えたものである。いうなればマインクラフトの1つのブロックのようなものである。

ボクセルを用いた力技なレンダリング手法をボリュームレンダリングと言い、技術的にはレイキャスティングの応用であるとされる。

物体をで表すワイヤーフレームや、で表すポリゴンなどの手法に比べ、ボクセルを用いたボリュームレンダリングはアホみたいに重たい。 より現実に近い表現手法であり、ハードウェアの性能が許せばよりリアリティを出せるので、近年ではゲームでの部分的な採用例も増えつつ有る。

ボクセルを用いると物体の中身まで描かれているので、人体などを輪切りにして観察するCTMRなどの医用画像では古くから標準的に使用されている。むしろ本格的にボクセルを用いているのは医療くらいである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]