マネージドコード

提供: MonoBook
移動: 案内検索

マネージドコード(managed code)とは、.NET Frameworkで用いられる共通中間言語CIL)のバイナリ形式のことで、共通言語基盤CLI)で実行されるプログラムを指す。なお、日本ではマネージコード(manage code)と「ド」抜きで表記されることが多い。「ド」の有無で英語の意味が違うよ、などという細かい指摘は英語など知らん大半の日本人には無用である。

概要[編集]

ネイティブコードなどの共通言語基盤CLI)の外側で動くコードや、共通言語基盤CLI)の安全性チェック機能などのリミッターを外したコード(たとえばC#のunsafeキーワードを使ったコード)のことを「アンマネージドコード」という。また、アンマネージドコードを一切含まないプログラムのことをピュアマネージドコードまたはピュアマネージドという。

マネージドコードはガベージコレクションなどの機能をフルに利用できる。

バイトコードとマネージドコード[編集]

主にJavaから来た人を中心にCILおよびマネージドコードのことをバイトコードと呼ぶこともあるが、CILおよびマネージドコードはオペコード(命令)のバイト表現が可変長(ほぼ1バイトだが0xFEで始まる命令群は2バイト)なので、正確には固定長の命令を絶対条件とするバイトコードの定義には当てはまらない。

例えるならCPUで言えばRISCCISCのような違いに近い。 ただし、CPURISCCISCかを気にする人はほとんど存在しないように、そんな細かいことを気にしても仕方がなく、また大多数の人には意味は伝わるので、よほどの偏屈を相手にする場合を除き、使い分ける必要も、気にする必要もない。そんな細かいことを気にしてはハゲるので気にしてはならない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]