マルチスレッド

提供: MonoBook
移動: 案内検索

マルチスレッド英語:multi thread)とは、ひとつのプロセス内で複数のスレッドを使用することである。

概要[編集]

マルチスレッドとは、バグの温床であり、デバッグが非常に難しいのが特徴である。そのため業務アプリの世界では禁忌であり基本的に登場しない技術である。

初期のWindowsでは全てがスレッドであった。 UNIXにおけるforkの感覚でプロセスを作ったつもりでも実際はスレッドが作られた。 Windowsという1つのプロセスの中で、アプリという子スレッドが次々と生まれたのである。 そのためプログラムが少しでもバグるとOSを巻き込みクラッシュした。 一方でマルチスレッドでも比較的安全になるような工夫も多く生まれ、後のマルチスレッド流行時には積み重ねた対応度の良さが目立った。

応用例[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]