ミニマムペイメント

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ミニマムペイメント英語:minimum payment)とは、クレジットカードリボルビング払い(通称:リボ払い)における最小返済義務額のことである。

概要[編集]

貸付額の1%から2%程度を支払えば、支払いを先送りできるシステムのことである。当然のように利息は貸付額に上乗せされる。日本ではJCBの金融商品名である「あるとき払い」などとしても知られている。

普段よりクレジットカードに抵抗感をなくさせ、「オトク」や「ポイント」などの言葉で一度でも釣り上げさえすれば、愚民を洗脳するのは簡単であり、豚は太らせてから食えの典型であるとも言われている。リボ払いでは1回目の支払い期日までに全額返済すると金利がかからないなどの特典を用意している。

そもそもリボ払いは一般人はもとより、既にブラックリストに載っている人物相手にダイレクトメールでクレジットカードを送りつけても儲かる仕組みであると言われている。

主な事例[編集]

ピート・ハリソンさん(38歳・ピザ)[編集]

ハリソン氏はクレジットカードを使って収入以上の生活を楽しんでいる。 いまやカード会社からの借金総額は1千万円を超えるが、しかし彼は毎月20万円程度し­か支払っていない。


その他[編集]

日本時間2003年4月19日(土) 午前0時00分~、NHKスペシャルにおいて「個人破産 ~アメリカ経済がおかしい~」という米国におけるミニマムペイメントおよび住宅ローンによる個人破産が増え続けている問題を題材としたテレビ番組が放映された[1][2]

しかし、NHKスペシャルのほとんどが雨後の筍のごとく違法アップロードされているYouTubeニコニコ動画において、この放送回だけはことごとく削除されていることがわかった。[3]。さらに、この放送回については過去の放送を有料で閲覧できるNHKアーカイブスでも通常の検索ではたどり着けないようになっており、現在では存在しなかったことにされているようである[4]

この不審な点について一部ではクレジットカードなどの金融業界を牛耳るユダヤの陰謀と圧力であるという意見も囁かれている[5]

なお、Googleビデオによると中国のYoukuや韓国のパンドラTVにはバックアップが存在している模様である。


この米国の借金の問題は、後にサブプライムローン問題として噴出し、それに続くリーマンショックでリーマンブラザーズが債務を一手に引き受けて倒産することで徳政令的な解決となった。

リボ払い専用クレジットカード[編集]

世の中には「リボ払い専用クレジットカード」なる恐ろしいものが存在する。

たとえばファミマTカードでは初期状態で「ミニマムペイメントの金額を銀行口座から自動引落し」となっている。リボ払いは「あるとき払い」などと言われるが、ファミマTカードは自動化することで「あるとき」でもミニマムペイメントの金額以上は支払えない素晴らしい仕組みとなっている。公共料金の支払いなどに使うと大変なことになるので注意しよう。

関連項目[編集]

参考文献[編集]