レッドオーシャン

提供: MonoBook
移動: 案内検索

レッドオーシャン英語:red ocean)とは、経営戦略論のひとつで、血で血を洗うような競争が繰り広げられている市場のことをいう。

概要[編集]

INSEAD(欧州経営大学院)教授のW・チャン・キムとレネ・モボルニュが著したビジネス書、およびその中で述べられている経営戦略論。日本語版はランダムハウス講談社から2005年に刊行されている。対義語はブルーオーシャン

血で血を洗うような競争、行き過ぎた競争は誰もが疲弊して新しい商品が開発されなくなるなどの弊害をもたらす。 また、コスト削減のため目に見えない部分が徐々に劣化させていくことも多く、たとえばパソコンキーボードなどがまさにその典型的な例といえる。

コンピューターを含め流行り廃りの激しい電気製品業界ではいかにレッドオーシャンに陥る前に次の新製品に移行できるかが勝負どころとなる。

レッドオーシャンは群雄割拠の戦国時代であるといえ、後のコモディティ化の前兆でともいえる。「これより我ら修羅に入る」物好きも多い。天下人傾奇者くらいしか生き残ることは出来ない。

基本的にレッドオーシャンと「単純な」価格競争はほぼセットで訪れる。なお、市場競争というと価格競争だけを思い浮かべる者が多いが、ここでいう競争とは同じような業態を指し、なにも価格競争だけではない。たとえば日本の10分1000円のカット店の事例は、これは従来のレッドオーシャンだった散髪市場を切り開いたブルーオーシャンであると紹介されている。10分1000円カットは単純な価格競争だと誤解されることが多いが、価格以上にサービスを削ったことに意味があり、これはブルーオーシャンである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]