下町ロケット

提供: MonoBook
移動: 案内検索

下町ロケット(読み:したまちろけっと)とは、池井戸潤の小説、およびこれを原作としたテレビドラマなどである。

概要[編集]

精密機械製造業の中小企業「佃製作所」が躍進するお話である。 なお、佃製作所のモデルはフジキン[1]という企業であり、撮影もフジキンのつくば研究所で行われていたようである。また、佃社長の社長室の後ろにはフジキンのカタログが並んでいる。

テレビドラマ:TBS版[編集]

帝国重工の財前部長がIS04を愛用しており、その選択眼にロケットの品質を危惧する声がある。 なお、TBS版ドラマのメインスポンサーは東芝である。

第6話[編集]

原作「下町ロケット2」の内容となるガウディ編に突入する。 なぜか医療機器の開発に突撃する。

第7話[編集]

PMEA(PMDAの揶揄)の事前面談に挑むも色々と難癖をつけられて医療機器製造販売業の許可を持っている大企業を探せと言われる話である。

ここだけの話、本業で高度管理医療機器の医療機器製造販売業の総括製造販売責任者の資格を持つ俺が思うに、支援してくれる大企業を探さなくても、佃製作所の規模なら余裕で医療機器製造販売業の許可は取れると思われる。なお、こういう無粋な話をドヤ顔で知人に話してはいけない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]