人的資源

提供: MonoBook
移動: 案内検索

人的資源英語:human resource)とは、業務に精通した労働者のことである。いわゆる熟練工である。

概要[編集]

人的資源はアメリカ経済学における聖書といわれるゲーリー・ベッカーの「人的資本理論」に登場する用語であり、ノーベル経済学賞である。

人的資源はプロジェクトを円滑に進められる人材を指す言葉であり、物的資源と同様に生産資源のひとつとして捉えられる。人的資源という場合は単なる人材ではなく、一定水準の生産性を持ち合わせていることが絶対条件となるため、基本的に新入社員や着任したばかりの派遣社員などは含めない。

たとえば、コンピューターの世界でいえばプロジェクトに精通したプログラマーサーバー管理者などをはじめ、まっとうな提案と価格を提示できるよう成長した営業なども含まれる。

以下の3つが上手く噛み合ったとき、人的資源は自ら発展し、最終的に絶大な生産力となるであろう。 と言われている。

デスマーチなどで人的資源に過度の負荷をかけている場合は別だが、正常な状況下で脱落者が出る原因の大多数は病気である。新入社員から始まって人的資源として数えられる水準に達した頃には、様々な生活習慣病発症する時期でもあり、年齢的に病気が最大の敵なので医療は凄く大事だよ。「労働者」に対する医療は生産性にとって重要な要素である。なお、介護は生産性がないのでクソである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]