休止状態

提供: MonoBook
移動: 案内検索

休止状態(読み:きゅうしじょうたい、英語:Hibernate,はいばねーと)とは、コンピューターの現在の状態をHDDSSDなどの補助記憶装置に保存し、電源を完全に切ることをいう。

概要[編集]

Linux界で圧倒的な勢力をもつGNOMEの電源メニューでは「ハイバネート」、Windowsでは「休止状態」となっている。休止状態になる動作をハイバネーションという。

休止状態になった後、次回電源を入れたときは、その状態を保存したデータから復帰し、休止状態になる直前の状態に戻る。

休止状態では補助記憶装置からの状態復帰となるため、主記憶装置メインメモリ)から状態復帰を行うスリープサスペンド)に比べると起動時間(復帰時間)がかかるが、完全にコンピューターの電源を切ってしまうため絶大な節電効果がある。たとえばノートパソコンであればバッテリ自然放電くらいしか電力を消費しない状態になる(若干の待機電力を伴うこともある)。

休止状態は大雑把に言えばメインメモリの内容をごっそりハードディスクに保存するようなものである。 近年ではメインメモリの爆発的な増大と、容量は着実に増えるものの速度的な進化が遅いハードディスクとの兼ね合いであまり使われなくなっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]