価格競争

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

価格競争(読み:かかくきょうそう)とは、チキンレースのひとつである。

概要[編集 | ソースを編集]

価格競争は大企業が中小企業を兵糧攻めにする際にも用いられる手法である。 なお大企業がやった場合は 不当廉売と呼ばれる独占禁止法に抵触する犯罪行為である。

価格競争がはじまると普段は目に見えない部分や一般人には分からないような部分を削り、表向きの値段を安く見せかけるという手法が横行する。 このようなカタログスペックによる詐欺を見抜く能力はパソコンの大先生には必須である。 そして体力(金)のない者から順番に死ぬ。 品質を落としすぎて悪評だらけになって死ぬことも多い。 最後は皆が死ぬ。

中小企業とフリーランスが激突して全滅している事例も多い。

少なくとも零細企業は絶対に手を出してはいけない手法である。 零細企業は美術品・工芸品を作り売る気持ちが大切である。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]