全身を強く打って死亡

提供: MonoBook
移動: 案内検索

全身を強く打って死亡(読み:ぜんしんをつよくうってしぼう)とは、ニュース用語のひとつで、遺体の損傷が激しく原形をとどめていない状態のことである。

概要[編集]

当然のように即死であることが多い。

非常に稀に、交通事故などで運ばれてくる患者の中には、全身を強く打ってどこがどうなっているのか謎な場合があるが、それでも生き残る者もいる。 人間生命力は凄い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]