冗長度

提供: MonoBook
移動: 案内検索

冗長度(じょうちょうど)とは、あるデータの塊のうち、そのデータの本来の目的ではないデータの割合のことである。

本来の目的ではないデータとは、たとえば主にデータ通信時に経路の途中でデータが壊れていないか確認するために付けるチェックサムなどがそれに該当する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]