天体望遠鏡

提供: MonoBook
移動: 案内検索

天体望遠鏡(読み:てんたいぼうえんきょう、英語:telescope)とは、天体を観察するための装置である。

概要[編集]

欲しい。

選び方[編集]

購入にあたり調査している。 得られたアドバイスをまとめておく。 補足してくれると嬉しい。

現状で得られたアドバイスを見る限り本当に絶望的な業界なようで、特注で作る以外に道はないかもしれない。

モーター自動位置合わせ付きを買え[編集]

素人が買うのであればモーター制御が付いて自動で星を探す機能は必須だそうだ。 月を除く多くの星はレンズ倍率を上げないと見えない。 素人が視界に入らない星を探し出すことはほぼ不可能であり、モーター制御による自動位置合わせ必須であるという。

プログラムで制御できるものを買え[編集]

モーター制御付きのうち、そのプロトコルAPIが公開されており、自作のプログラムで制御できるものが望ましいとされる。 これは望遠鏡に付属するソフトウェアは素人が作ったようなポンコツであることが多いためだとされる。

安物は月しか見えない[編集]

上記の理由などにより安物は「月は見える。土星は見えない。」らしい。

天体を撮影したい[編集]

望遠鏡で天体を撮影するにはUSBカメラで覗き込み撮影する方法が一般的なようである。 純正でスッポリはまるUSBカメラを発売している機種もあるが20世紀の代物かというくらい低性能で画質もショボそう。

いまどき数千円のスマホカメラでもフルHD以上ある御時世なので、最低でもフルHDくらいの解像度は欲しいところ。

ベストなアドバイスは得られていない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]