天外魔境II 卍MARU

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

天外魔境II 卍MARU(てんがいまきょうツー まんじまる)とは、1992年03月27日にPCエンジン用としてハドソンから発売された元祖超大作RPGである。

概要[編集 | ソースを編集]

クリアまでに60~70時間かかる。 ちなみに俺はクリアまでに90時間くらいかかった記憶がある。

PCエンジン版の天外魔境IIは50万本のヒットを成し遂げたが、続編が開発中止になったり、リメイクがあまりにも酷かったりと、いろいろな意味で伝説となる。

リメイク[編集 | ソースを編集]

天外魔境IIは、2003年にプレイステーション2ニンテンドーゲームキューブ、2006年にニンテンドーDS、2008年にPSP、などなど多くの機種でリメイクされているが、どれもオリジナルの名を汚すほど悲惨な出来である。

天外魔境IIのニンテンドーDSへの移植は、エンカウント率などの他機種版では破綻していたゲームシステム部分は結構まともになっているが、残虐表現を含むイベントは削除もしくは内容変更が行われている。 これらの削除もしくは変更された残虐表現を含むイベントの一部は、オリジナル作品のストーリー上でも「天外魔境IIの核心」とも言うべき極めて重要な部分が含まれており、惜しくも糞リメイクと言わざるを得ない。ただ、現代において天外魔境IIを完全リメイクしようと思ったらZ指定(グロテスク18禁)は確実であり、今のハドソンにはそこまで勝負する根性などないと思われる。

ネタバレ(注意)[編集 | ソースを編集]

ちなみに、主人公である卍丸の最初の台詞は「母ちゃん、おかわり!」である。

また、本作のヒロインは「鬼怒(きぬ)」という人間に化けた鬼である。

関連項目[編集 | ソースを編集]