太陽光発電

提供: MonoBook
移動: 案内検索

太陽光発電とは、

概要[編集]

これは2011年3月11日に発生した東日本大震災より前のものである。


発電効率[編集]

2014年時点での太陽光発電は発電効率が非常に悪く、原子力発電と同程度であると試算されている。 [1] ただ、太陽光発電のあらゆる課題を解決するのは、高速増殖炉もんじゅを完成させるよりは遥かに現実的であると言われている。 [2]

エネルギー産業のお金のめぐりが良くなったこともあり、太陽光発電に限らず、あらゆる発電方式の発電効率がグングン伸びている。 [3]

価格[編集]

高い。

だが、不毛な価格競争をせずに、製造業、販売業、設置業など国内企業にお金が好循環することで、製造する大企業から設置する工務店などの零細企業にいたるまで景気が良くなるという経済効果が高いとも言われている。 [4] 経済学の世界では、GDPの過半は個人消費であり、消費者がサイフの紐をきつく締めるとGDPは小さくなり、景気が悪くなる。だからどんどん消費をしなくてはいけないと言われている。 これが事実だとすれば、国民が貯蓄などせず、どんどん無駄遣いをすることが経済を活性化し景気を良くするということになる。

その他[編集]

実はパソコンスマートフォンなどのコンピューターにおいてCPUGPUメモリSSDなどあらゆるパーツで使われる半導体の技術と非常に関係性が高い。このため太陽光による発電効率はともかく、世界を相手にコンピューター、特にハードウェアの技術で勝負するならば否応なしに投資が必要な分野であったりする。

関連項目[編集]

参考文献[編集]