奈倉清孝

提供: MonoBook
移動: 案内検索

奈倉清孝とは、日本の三大作家の一人である。

概要[編集]

奈倉清孝は日本の作家であり主に週刊実話に寄稿している。

作中に「ウギャーッ」「ドーン」「ギャー」などの擬音を多用する傾向があり、また「マシンガンピストン」だの「絶頂ドライブ」だのといった流行語大賞を狙っているかのような単語を織り込んでくるのが特徴である。

「ペニス」の柏木春人、「オチンチン」の奈倉清孝ともいわれる。

関連項目[編集]

日本の三大作家
その他

参考文献[編集]