底付き

提供: MonoBook
移動: 案内検索

底付き(そこつき)とは、おもにメンブレンキーボードにおいて、ゴム製のラバードームが経年劣化することにより粘着力が発生し、打鍵時(底打ち時)にキーボードの底にキーが張り付いてしまう現象のことである。

ゴムを素材にもちいるキーボードでは避けては通れない問題であり、メンブレンキーボードがボロクソに言われる原因でもある。

富士通Libertouchのようにラバードームが交換できるようになっており、定期的に交換することで底付き問題を解決できる製品もあるが、非常に希少な存在であり一般的とは言い難い。

その他[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]