底打ち

提供: MonoBook
移動: 案内検索

底打ち(そこうち)とは、キーボードにおいて、打鍵キーが底を突いた瞬間のことをいう。

底打ち時の振動[編集]

筐体が軽く、底面の安定感に欠けるキーボードでは、底打ち時に発生する振動により、人体に対して非常に不快感を与える結果となり、長時間の打鍵は精神的にも肉体的にも苦痛となる。

高級キーボードと誉れ高く筐体の重量もある東プレRealforceにおいても底打ち時の振動は少なからず問題視されており、それを補うためのメタルカスタムキットなる製品がダイヤテックから発売している[1]

また、PFUHappy Hacking Keyboardにおいても2007年7月31日に販売を終了してしまったが「Happy Hacking Keyboard Professional HG」なるアルミ削りだしフレームを採用した限定モデルも存在した。

なお、アクチュエーターラバードームラバーシートなどのゴムを使っているキーボードでは、その劣化により振動どころか底打ち時にキーが底に張り付いてしまう「底付き」という最悪の現象も発生する。

その他[編集]

キーを押していない状態から底打ちしたときまでの高さをキーストロークという。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. http://www.diatec.co.jp/shop/rf_metal/

外部リンク[編集]