座敷牢

提供: MonoBook
移動: 案内検索

座敷牢(読み:ざしきろう)とは、ブラック企業が退職金を削減するために自己都合退職に追い込むという目的で開設した部署や部屋のことである。

概要[編集]

本来の意味の座敷牢とは、監獄などのような犯罪者収容のための施設ではなく、私的な理由によって対象を監禁する施設のことである。いわゆる追い出し部屋がこの座敷牢に非常に酷似していたことからこのように呼ばれるようになった。

座敷牢を利用して自己都合退職に追い込むと自己都合であるため退職金を払わなくてもよいのである。 たとえばドリームキャストなどの大失敗で退職金も払えないほどの資金難に陥ったセガが行ったパソナルームが特に有名である。

座敷牢を設置するほどの場合は、単なるリストラとは異なり、退職金が払えないほど財務的に不健全な状態に落ちいていることが多いため、いわゆる不適切会計粉飾決算なども併発している症例が多い。

主な座敷牢[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]